任意整理とは?そのメリットとデメリット

一度でも債務整理をした事があると、クレジットカードを新規発行したりキャッシングする事は基本的に不可であると考えて問題ありません。

その理由はクレジットカードを取り扱いしている企業は新規発行の手続きに際し、個人信用情報機関の情報を参考にしているためであり、個人信用情報機関にはこれまでの債務の様子や延滞の実情が事細かに記録されているためです。しかも、個人信用情報機関では自己破産においては免責してから5年の間金融事故歴がある者としても記録し続けますし、任意整理や個人再生も完済してから5年から10年の間同様に金融事故歴がある者として残り続けます。

リストから記録が削除されるためには定められている年数が経過しなければならないので、金融事故を引き起こすきっかけになった同一のクレジットカード会社からは再度発行はあり得ません。

また、個人信用情報機関のみならずクレジットカード会社は各社で官報という相続や破産の裁判の様子が纏められる新聞で情報収集に努めており、申込み希望者の審査に活用しています。

債務整理を行えば官報に情報掲載される事からクレジットカード会社も抜かりなく把握し、金融事故歴がある者と登録されるので新規発行される事はありません。中には個人情報であるのに見ず知らずの所で登録される事に対し不満を抱く方も少なくないですが、官報というのは個人情報として扱われておらず公情報に値するので各所が集め蓄積し審査に活用しても違法行為には当たりません。

こうした仕組み上債務整理をすると以後クレジットカードを新規発行するのは非常に難しいものの、一切作る事ができなくなるわけではなく再度発行できた事例もあります。それは信用情報機関に登録されている情報が削除されるまで辛抱強く待つというものであり、個人信用情報機関は複数の組織がありますが債務整理であれば支払いが済んだ日から5年で抹消されます。

抹消後は一切記録が無いという扱いになるので、クレジットカード会社としては債務整理の経験がある者もしくは、過去に一度もローンを組んだりカードを発行した経験が無い方のどちらかになります。

一見5年間が経過すると整理をした側に旨味があるように感じられますが、情報が抹消されフラットな状態になるという事は過去に締結した取引履歴も削除されるという事なので、信用の高さを把握する材料も失うという事でもあります。
そのためクレジットカードの発行を申し込みしても、審査に落ちてしまう恐れが高まってしまいます。

気軽に借金返済

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です